鹿屋市 トルコン太郎 ジムニーシエラ ロータスクラブ 増満自動車

画像
トルコン太郎 ジムニーシエラ

title

ジムニーシエラ トルコン太郎でATF全量交換

70000kmほど走行した弊社のジムニーシエラ。新しく導入した「トルコン太郎」でATF交換を施工してみたいと思います。今回は走行7万キロでオイルパン内部が、どの程度汚れているのかもチェックしてみようと思いますよ。

ジムニーのATミッションのオイルパンはこんな感じです。早速取り外してみましょう。

これが7万キロ走行したジムニーシエラのオイルパン内部です。ドライバーについているヘドロ状のものは、オイルパン内部の磁石に付着していたスラッジです。オイルパンの底にもうっすらとスラッジの膜のようなものが形成されています。10万キロ以上未交換だとどんなふうになってしまうにでしょうか・・・。このスラッジが大量に蓄積するとミッショントラブルのリスクが増大してしまいますよ。きれいに掃除してしまいましょう!

はい!きれいになりました! 真ん中に見えるのがスラッジが大量に付着していたマグネットです。

コントロールバルブ側もパーツクリーナーで可能な限り洗浄してしまいましょう。ちなみに中央に見える部品がオイルストレーナー。内部のフィルターがスラッジ等で詰まると、ミッションの故障につながります。

今回はストレーナーを交換してしまいます。車両によってはストレーナー交換が出来ない場合もあります。その場合は、内部のフィルターを洗浄して対応します。

洗浄が終わったオイルパンを元通り組み付け、抜けた分のオイルを補充。ここからが「トルコン太郎」の出番です。ATFクーラーのオイルラインに「トルコン太郎」のホースを接続。今回はモービル製のマルチパーパスATFを使用します。

手始めに規定量のATFを圧送交換!その後クリーニングモードでミッション内部のオイルをトルコン太郎に循環させながらオイルに混じっている不純物(スラッジ)をフィルターで濾しとっていきます。←これが大事なんです!奥のモニターが新油で手前のモニターがクリーニング中のオイル。クリーニング中のオイルが黒いのがわかりますね。

循環クリーニング工程で可能な限りスラッジの除去をおこない。2度目の圧送交換!ご覧のようにほぼ新油の状態まできれいになりましたね。 交換後の走行チェックもなかなかいい感じです!これで安心してアクセルを踏めます。H8年式のジムニーですから20年前の車両ってことになりますね。まだまだ現役で頑張ってもらいますよ♪  

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!