鹿屋市 トルコン太郎 MRワゴン 増満自動車

画像
トルコン太郎 MRワゴン

title

MRワゴン ATF圧送交換「トルコン太郎」     鹿児島でトルコン太郎なら㈲増満自動車

【スズキ車専用アタッチメント作成】

 【スズキ車専用アタッチメント作成】

ATミッションの構造上、「交換効率が悪い」従来の交換方法しかできなかったスズキのAT車・・・
専用のアタッチメントを作成することで、圧走交換を施工することができるようになりました!
これにより過走行車両のオートマオイル交換が可能になりましたよ。

まずは弊社の代車として活躍しているMRワゴンで検証してみます。
このMRワゴン、13万キロ以上走行でATF未交換という実験にはもってこいの車両状態。
走行に支障は無いのですが加速が重かったり、変速タイミングが若干遅かったりと、ATFの劣化とみられる症状が出てきています。
まずはコンタミチェックでATF交換が可能かを診断します。

結果は交換可能。

ただし13万キロ走行しているので、まずはオイルパンを外して内部のチェックと洗浄を行います。

スズキのこのタイプのATミッションはATFを下抜きする「ドレンボルト」がありません。
そのままオイルパンを外すとATFが溢れ出してしまうので、上抜きでATFを抜けるだけ抜いておきます。抜けたオイルは1.7L、オイル総量が約4Lなので上抜きでは半分も抜けないんですよ。

外したオイルパンの底にはドロッとした濃いスラッジ混じりのオイルが沈殿しており、マグネットには鉄粉がテンコ盛り状態でしたが、過度な異常は見られませんでした。

外したオイルパンはキレイに洗浄します。
付着している液体ガスケットもしっかり除去していきますよ。

鉄粉吸着用のマグネットもキレイにします。

オイルパンの組み付けを行い、先ほど抜いたATFと同じ量の新油を注入します。
お待ちかねの専用アタッチメントを取り付け、トルコン太郎を接続します。

ATFはモービル製マルチパーパスを使用。

圧送交換 1回目

 圧送交換 1回目

まずは4LのモービルATFを一気に圧送交換します!

圧送交換 1回目 完了

 圧送交換 1回目 完了

4Lの圧送交換が完了。手前のモニターが現在のATFの色、一番奥が新油の色です。まだまだ汚れているのが確認出来ますね。

クリーニングモード

 クリーニングモード

次は「トルコン太郎」必殺のクリーニングモードでAT内部のクリーニングを行います。
AT内部のスラッジを新油の洗浄作用で洗い流し、トルコン太郎のフィルターでキャッチしていきます。クリーニングはNレンジ10分、Rレンジ10分、Dレンジ10分の計30分行いますよ。
上記画像はAT内部を循環してきたATFです。

圧送交換 2回目

 圧送交換 2回目

30分のクリーニングを終え、2回目の圧送交換を開始!

交換完了

 交換完了

2回目の交換完了。奥の新油と比べて見てください、ミッション内部のATFがほぼ新油に入れ替わったのが確認できますね。これにてATF圧送交換完了!使用オイル量は10Lでした。
今回のようにATF圧送交換とオイルパン洗浄を組み合わせることで、過走行車でも安心してATF交換を行うことが出来ます。過走行車の場合、従来の交換方法ではATF交換後の故障リスクが増大してしまいますよ!

【交換後の走行チェック】
ゼロ発進や追加加速がかなり改善されました。シフトチェンジにも改善が見られます。
このMRワゴンは長期的に検証レポートを追記していきます。

スズキのオートマチックトランスミッションオイルの交換お任せ下さい。
※過走行車両のATF交換の場合はオプションのオイルパン洗浄をおすすめします。

ATF圧送交換 施工事例
【スズキ ジムニーシエラ】 走行70,000km
【ダイハツ ムーヴ】     走行98,000km
【スズキ MRワゴン】    走行135,000km
【ダットサントラック】    走行160,000km
【ランドクルーザー】    走行200,000km
【Z33フェアレディZ】    走行130,000km
【サンバーディアス】    走行
【トヨタ MR2】      走行140,000km
【クラウン GRS180】   走行145,000km
【スズキ ワゴンRスティングレー】 走行160,000km
【トヨタ ヴェルファイア】 走行80,000km

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!