鹿屋市 ATF圧送交換について 増満自動車

画像
ATF圧送交換について

過走行車両のATF交換でお困りの方々へ

トルコン太郎を使用した「ATF圧送式交換」について

 トルコン太郎を使用した「ATF圧送式交換」について

●過走行車両のATF交換を断られる理由
過走行車両のATF交換を一般的な上抜き交換で行うと、ATミッションのオイルパンの底に蓄積した汚れを撒き上がらせ、ストレーナーやバルブボディを詰まらせてしまうことがあり。結果的に、ATF交換後に変速不良や走行不能などのトラブルにまで発展してしまうことがあります。これが過走行車両のATF交換は行わない方が良いという理由になっています。

●10万キロ以上走行の過走行車でもATF交換が可能な理由
既存のオイルクーラーラインに装置(トルコン太郎)を割り込ませるかたちで交換を行うので、オイルパンの底に沈殿した汚れを巻き上がらせることなく交換することが
できます。さらに内臓の5つのフィルターでスラッジを取り除きながら交換するので、事前診断が良好であれば過走行車でも安心してATF交換を行うことができます

●高効率な圧送交換とクリーニングモード
ATFを圧送しながら交換する事により「トルクコンバーター内部」や「バルブボディ内部」のATFも効率よく新油に入れ替えることが可能。交換完了後はATミッションとトルコン太郎を新しいATFが循環し続けるクリーニングモードに切り替わります。ただ循環させているだけではなく、内臓のフィルターで汚れを除去しながら循環させてミッション内部を徹底的にクリーニングすることが可能です。

●追加オプション① オイルパン内部洗浄・ストレーナ交換
トルコン太郎のクリーニングモードでも、オイルパンの底に沈むスラッジの除去はできません年式の古い車や過走行車のATF交換の場合は、オイルパンを取り外し「オイルパン内部の洗浄」「ストレーナーの交換もしくは洗浄」「鉄粉捕獲マグネットの清掃」を行う追加オプションメニューが安心です。


●追加オプション② 高性能オイル添加剤の注入
◆ワコーズ ミッションパワーシールド
ATミッション内部には「オイルシール」や「Oリング」などのゴムシール部品が多く使用されています。これらゴムシールは使用し続けるうちに弾力がなくなり、オイルリーク(オイル漏れ)の原因となります。このオイルリークが原因で変速装置の動きが緩慢になり、フィーリング悪化や変速不良を起こすことがあります。 このミッションパワーシールド(MPS)はこれらオイルシールの弾力を改善させることができ、今後起こりうるであろう「トラブルの防止」、場合によっては現在起きている「フィーリング悪化の改善」も期待できます。

●よくあるQ&A
①ストレーナーってなに?
ストレーナーはオイルパン内部のATFを吸い上げる役目をしています。このストレーナーには大きなゴミをろ過するフィルターがついており、各装置にゴミが循環するのを防いでいます。
②ストレーナーが詰まるとどうなるの?
ストレーナーが詰まるとミッション内部の油圧が低下してしまいます。ミッション内部の油圧が低下すると、各装置が正常に作動しなくなり、変速ショックの増大、変速タイミングの異常、クラッチのすべりなどのトラブルが発生します。
③詰まりの原因はなに?
ミッション内部で発生した「スラッジ」や「クラッチのフェーシングが剥離したもの」が詰まりの原因となります。
④作業時間はどれくらいかかるの?
車種や作業メニューによります。まずはお問い合わせ下さい。

トルコン太郎を使用した圧送交換の作業工程

 トルコン太郎を使用した圧送交換の作業工程

①車両にトルコン太郎を接続
対象車両のオイルクーラーラインのホースにトルコン太郎をバイパス接続します。
※車両によっては構造上接続できない場合もあります。


②圧送交換(1回目)
効率よくミッション内部のオイルを新油に入れ替えるため、規定量のオイルを一気に圧送交換してしまいます。

③クリーニングモード(1回目)
新油の高い洗浄効果でミッション内のスラッジを洗い流しつつ、トルコン太郎内部のフィルターで約30分ほど時間をかけてろ過していきます。

④圧送交換(2回目)下の動画を参照してみて下さい

クリーニング後、もう一度圧送交換することで、さらに新油に近い状態に近づけます。使用するオイルの量や銘柄は、車両の状態やお客様のご要望から最適なご提案をさせて頂きます。1回目はリーズナブルなスタンダードオイルで洗浄して、2回目に高価な本命オイルに変えることも可能です。

クリーニングモード(2回目)

2回目の圧送交換後、さらに30分のクリーニングを行います。合計1時間のクリーニングで徹底的に不純物を除去します。

⑥油量調整&走行チェック
最後にオイルの量を調整して走行チェックを行ない完了です。車両によってはシビアな油温管理が必要で時間がかかる場合があります。

トルコン太郎を使った圧送交換の概算料金表

 トルコン太郎を使った圧送交換の概算料金表

●車両タイプについて
※軽自動車・・・ジムニー・エブリイ・ミライース・ムーブ・EKワゴン・オッティ等
※小型車・・・・スイフト・ソリオ・ノート・デミオ等
※普通車・・・・エスティマ・レガシィ・マークX・クラウン・ハイエース・レクサスIS等

※高級車・・・・レクサスLS600・ランクル・FJクルーザー等


●オイルの使用量について
※上記表のオイル使用量は参考値となります。車種により変動します。
※洗浄工程まで含めたオイル量で作成しています。
※洗浄工程が不要な場合はオイル使用量は半分程度で済む場合があります。


●オイルパン脱着洗浄・ストレーナー交換は別途お見積りが必要です。
※車検証に記載の「車体番号」「年式」「型式指定番号」「類別区分番号」をお知らせ下さい。
※ストレーナー交換ができない車種もあります。

AISIN(アイシン) AFW+

 AISIN(アイシン) AFW+

アイシンAWは世界シェアNo1のオートマチックトランスミッションの製造メーカーです。AISIN AFW+はミッションメーカーならではの高い品質水準を越えたATフルードです。AT車の性能を最大限に引き出します。 優れた低温流動性と粘度特性により、厳冬期でも始動がスムーズ。最適な摩擦特性により、すばやい変速とショックフィーリングが向上し、かつ、伝達ロスを抑え、力強い発進・加速感を実現。 弊社がおすすめするスタンダードATFです。
オイル性能 ○ 体感性能 ○  油種別適合表
価格 1,300円(税抜)/ L

AISIN(アイシン) CFB

 AISIN(アイシン) CFB

アイシンAWは世界シェアNo1のオートマチックトランスミッションの製造メーカーです。AISIN CFBはミッションメーカーならではの高い品質水準を越えたATフルードです。AT車の性能を最大限に引き出します。 優れた低温流動性と粘度特性により、厳冬期でも始動がスムーズ。最適な摩擦特性により、すばやい変速とショックフィーリングが向上し、かつ、伝達ロスを抑え、力強い発進・加速感を実現。 弊社がおすすめするスタンダードCVTFです。
オイル性能 エコ 体感性能 ○  
油種別適合表
価格 1,500円(税抜)/ L

新発売!ワコーズ ATF プレミアムS(P-S)

 新発売!ワコーズ ATF プレミアムS(P-S)

効果を体感できるWAKO'S製高性能ATオイル
滑らかな変速フィーリングと高い動力伝達能力を両立したFull Synthetic ATFです。耐熱性と酸化安定性に優れ、(社)自動車技術会の性能規格であるJASO 1-A-LVに適合しており、低粘度ATF指定車・国産車・輸入車問わず、幅広く安心して使用可能。(CVT車、一部車種を除く) 
オイル性能 高性能 体感性能 ◎  適合についてはお問い合わせ下さい

価格 2,800円(税抜)/ L

新発売!ワコーズ CVTF プレミアムS(P-S)

 新発売!ワコーズ CVTF プレミアムS(P-S)

効果を体感できるWAKO'S製高性能CVTオイル
CVTFに要求される特殊な摩擦特性を実現し、滑らかな変速フィーリングと高い動力伝達能力を両立したFull Synthetic CVTFです。耐熱性と酸化安定性に優れ、また最新の低粘度CVTF指定車を含め金属ベルト式CVT全般に安心して使用できます。
オイル性能 高性能 体感性能 ◎  適合についてはお問い合わせ下さい

価格 2,800円(税抜)/ L

ワコーズ ミッションパワーシールド

 ワコーズ ミッションパワーシールド

過走行車両におすすめのケミカル
ATミッション内部のオイルシールの弾力を改善することができ、今後起こりうるであろう「トラブルの防止」、場合によっては現在起きている「フィーリングの悪化の改善」も期待できます。 過走行車両のATF交換時には同時施工をお勧めしています。※故障を直すものではありません。
価格 3,800円(税抜)/本  

ATF(CVTF)交換は増満自動車にお任せ下さい

 ATF(CVTF)交換は増満自動車にお任せ下さい

【施工のお問い合わせ】
TEL 0994-44-2228
メールでのお問い合わせはコチラ

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!