鹿屋市 トルコン太郎 バモス 増満自動車

画像
トルコン太郎 バモス

title

ホンダ バモスターボ トルコン太郎でATF圧送交換

ホンダ バモスターボ HM1

 ホンダ バモスターボ HM1

鹿児島市から来店頂きました。遠方からありがとうございます。
今回の車両はホンダバモス HM1 ターボ 4AT 平成12年式です。

走行距離は179,000km

オイルストレーナーの交換をおすすめしたいところですが、残念ながらバモスはオイルパンを持たないミッション構造をしているので、ストレーナーを交換することができません。

今回は「圧送交換2クール」で徹底的に内部洗浄を行います。

トルコン太郎を接続

 トルコン太郎を接続

ATFのクーラーラインにトルコン太郎をバイパス接続します。今回使用するオイルはアイシンAFWプラス。

圧送交換1回目

 圧送交換1回目

交換前のATFの状態は真っ黒です。
まずは一気に規定量を圧送交換します!

その後30分間の循環クリーニングを行います。

透明度は出てきましたが、まだまだ黒味が残っていますね。

圧送交換2回目

 圧送交換2回目

2回目の圧送交換 開始!
さらに規定量のATFを圧送交換します。
写真を見てお分かりのように、ほぼ新油の透明度になりました。

ここから2回目の30分循環クリーニングを行います。

ミッションパワーシールド注入

 ミッションパワーシールド注入

油糧の調整を行った後、ワコーズ製ミッションパワーシールドを注入します。


【ミッションパワーシールドとは】
ATミッション内部のオイルシールの弾力を改善することができ、今後起こりうるであろう「トラブルの防止」、場合によっては現在起きている「フィーリングの悪化の改善」も期待できます。 過走行車両のATF交換時には同時施工をお勧めしています。※故障を直すものではありません。

エンジンオイル・デフオイル交換

 エンジンオイル・デフオイル交換

追加でエンジンオイルとデフオイルの交換を行います。

エンジンオイルはプロステージS、デフオイルはMT-75をご選択頂きました。



これで油脂関連をほぼリセット完了。安心快適にドライブ出来ます!



今回の作業料金は34,000円でした。

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFWプラス
●本命オイル  アイシンAFWプラス

●WAKO’S ミッションパワーシールド
●エンジンオイル交換  WAKO’SプロステージS 0W-30

●デフオイル交換 WAKO’S MT-75

※車種、オイル使用量、オイルのグレードにより料金は大きく変化します。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいね。



ATF圧送交換 施工事例
【スズキ ジムニーシエラ】 走行70,000km
【ダイハツ ムーヴ】     走行98,000km
【スズキ MRワゴン】    走行135,000km
【ダットサントラック】    走行160,000km
【ランドクルーザー】    走行200,000km
【Z33フェアレディZ】    走行130,000km
【サンバーディアス】    走行
【トヨタ MR2】      走行140,000km
【クラウン GRS180】   走行145,000km
【スズキ ワゴンRスティングレー】 走行160,000km
【トヨタ ヴェルファイア】 走行80,000km

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!