鹿屋市 トルコン太郎 トヨタ ポルテ 増満自動車

画像
トルコン太郎 トヨタ ポルテ

title

トヨタ ポルテ トルコン太郎でCVTF圧送交換 専用アタッチメント使用

トヨタ ポルテ CVTF圧送交換

 トヨタ ポルテ CVTF圧送交換

最近中古で購入したポルテ。走行距離はそんなに走っていないのですがCVTF交換をして「気持ちもすっきり気持ちよく乗りたい!」とのことでご依頼頂きました。低走行なので今回はオイルパンの着脱洗浄は行いません。

【密封式オイルクーラーについて】
この車種はトルコン太郎を接続できない密封式のオイルクーラーを採用してるので高効率な圧送交換を行うことが出来ません。

【専用アタッチメントを作成】
弊社では専用のアタッチメントを作成して密封式のオイルクーラー採用車でもCVTFの圧送交換を可能としています。このアタッチメントを使用することでトルコン太郎の性能を最大限引き出すことができるのです。トヨタ車だけでなくスズキ車に採用されている密封式のオイルクーラーに対応したアタッチメントも作成していますよ。

アタッチメントにてバイパス接続完了

 アタッチメントにてバイパス接続完了

特殊なアタッチメントを取り付け、トルコン太郎のバイパス接続が完了。これでCVTFの高効率圧送交換が可能となりました。

圧送交換スタート

 圧送交換スタート

今回選択して頂いたオイルは・・・
1回目圧送交換(洗浄工程) スタンダードCVTF
2回目圧送交換(本命充填) WAKO'S CVFプレミアムS

弊社では交換後の新油純度を上げるために2回の全量交換を推奨しています。

【全量交換が重要】
弊社が言う「全量交換」とはミッション内部に充填された規定総量のCVTFを一気に一度で交換するということです。圧送交換では新油が旧油を押し出すように交換することができるので、少しずつ何回も交換するよりも高効率な交換が可能なのです。オイルの「上抜き」や「下抜き」では真似できない圧送交換だからこそできる交換方法です。

【低コストで高効果を】
1回目は洗浄工程としての意味合いが強いのでスタンダードオイルを使用。2回目の交換で高性能オイルを使用することで全体的なコストを抑えつつ、高性能オイルの効果を引き出すことが可能となります。1回目2回目ともに30分間のミッション内部クリーニングを行います。合計1時間のクリーニングを行うことになるのでミッション内部洗浄効果も最大限に引き出せます。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!