鹿屋市 トルコン太郎 スズキ ランディ SC25 増満自動車

画像
トルコン太郎 スズキ ランディ SC25

  • HOME
  • その他
  • トルコン太郎 スズキ ランディ SC25

title

スズキ ランディ(日産セレナ)SC25 トルコン太郎を使用したCVTF圧送交換 オイルパン内部洗浄 走行112,000km 交換歴不明

スズキ ランディ(日産セレナ)CVTF圧送交換

 スズキ ランディ(日産セレナ)CVTF圧送交換

中古で購入して2年目のスズキランディ(日産セレナ)です。交換歴不明ということもあり、今後安心快適に乗りたいということで受注頂きました。鹿児島市からのご来店です。遠方にもかかわらず弊社をお選び頂き誠にありがとうございます。

オイルパンの内部を洗浄

 オイルパンの内部を洗浄

まずオイルパンを取り外して内部の確認を行います。異常性のある沈殿物や異物は見当たりませんでしたのでご安心ください。「オイルパン」と「鉄粉吸着用の磁石」「ストレーナー」をきれいに洗浄して元通りに組み付けます。過走行車両の場合は「オイルパン内部洗浄」を強くおすすめしていますよ。

密封式オイルクーラー搭載車

 密封式オイルクーラー搭載車

この車両のトランスミッションは密封式のオイルクーラーを採用しており、トルコン太郎をバイパス接続することができません。上記写真をご覧いただいても理解しずらいかもしれませんが、CVTFをミッションから外部に取り出すことが出来ない構造になっているんです。こういった車両の場合、このままでは圧送交換をすることが出来ません。

【専用アタッチメントを作成】
弊社では専用のアタッチメントを作成して密封式のオイルクーラー採用車でもCVTFの圧送交換を可能としています。このアタッチメントを使用することでトルコン太郎の性能を最大限引き出すことができます。

アイシン製CVTFをセット

 アイシン製CVTFをセット

今回は洗浄工程も、本命オイルもアイシン製CVTFをお選び頂きました。時間をかけてキッチリと内部洗浄&高効率交換を行いました。

油量最終調整

 油量最終調整

ATFやCVTFは温度に対しての膨張の変化が大きいので、規定油温時にオイル量を計測しなければいけません。これを怠ると「加速不良」「変速不良」「ポンプからの異音」など正常な作動をしなくなってしまいます。最後は診断機を使って油温をモニターしながらオイル量の確認調整を行い全ての工程が完了です!

今回の作業料金は42,000円でした。

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●オイルパン脱着洗浄

●アタッチメント取付
●ストレーナー洗浄
●洗浄用オイル アイシンCFB
●本命オイル  アイシンCFB


※車種、オイル使用量、オイルのグレードにより料金は大きく変化します。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいね。



ATF/CVTF圧送交換 施工事例
【スズキ ジムニーシエラ】 走行70,000km
【ダイハツ ムーヴ】     走行98,000km
【スズキ MRワゴン】    走行135,000km
【ダットサントラック】    走行160,000km
【ランドクルーザー】    走行200,000km
【Z33フェアレディZ】    走行130,000km
【サンバーディアス】    走行
【トヨタ MR2】      走行140,000km
【クラウン GRS180】   走行145,000km
【スズキ ワゴンRスティングレー】 走行160,000km
【トヨタ ヴェルファイア】 走行80,000km

過走行車のATF/CVTF交換ご相談ください

 過走行車のATF/CVTF交換ご相談ください

ATFやCVTFの交換でお困りの場合は、お手伝いできるかもしれませんのでお気軽にご相談下さい。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!