鹿屋市 トルコン太郎|日産 フーガ Y51 増満自動車

画像
トルコン太郎|日産 フーガ Y51

  • HOME
  • その他
  • トルコン太郎|日産 フーガ Y51

日産フーガ トルコン太郎でATFを圧送交換 オイルパン内部洗浄 走行86,000km 交換歴不明

Y51フーガの圧送交換

 Y51フーガの圧送交換

宮崎県の都城市からお越し頂きました。遠方よりありがとうございます!
最近中古で購入された日産フーガ、ATF交換歴が不明とのことでリフレッシュをご希望です。走行チェックも異常なし、問題なくATF交換出来そうです。最後の油量調整時に油温管理が必要な車両となります。ATFの温度を調整可能な温度に冷やすのに結構な時間を要するので、1泊2日でお車をお預かりさせて頂きました。

ATF抜き取り

 ATF抜き取り

まずはオイルパン内部の洗浄から始めます。抜き取った古いATFは・・・真っ黒ですね。

オイルパン内部点検

 オイルパン内部点検

オイルパンを取り外し、ストレーナーやオイルパンに異常な沈殿物や部品の欠片などがないか確認していきます。オイルパンの底に2個の大きな磁石があるのですが、多くの鉄粉が吸着していました。このままでは新たな鉄粉の吸着ができませんので、きれいに掃除してしっかりと仕事をしてもらいましょう。オイルパンの底には異常性のある沈殿物は見受けられませんでした。

各部品の洗浄

 各部品の洗浄

清掃を終えた部品たちです。ストレーナーは補修部品がありませんので、きれいに清掃して再利用します。オイルパンや磁石も綺麗になりましたね。あとは元通りに組み付けて、抜けた分のATFを補充します。
オイルパンを外すと全容量の半分のATFが抜けたので、圧送交換前に半分が新油に代わっていることになりますね。

 動画

新しい試みとして、圧送交換を動画で紹介しています。ATFが入れ替わっていく様子が良く分かると思いますよ。

圧送交換工程が終了

 圧送交換工程が終了

真っ黒だったATFが写真のようにモニター内部のフィルターが透けて見えるまでにキレイになりました。ATFを圧送することではバルブボディやトルクコンバーターの内部までしっかりと交換することが可能です。さらに合計1時間のクリーニング工程でしっかりとAT内部のスラッジを除去しつくします。

ATF温度の調整

 ATF温度の調整

次は油量の調整工程に入るのですが、フーガの油量調整は少々シビアです。40度付近にATFの温度を調整したのち、調整用プラグを抜いて余分なATFを抜くことで完了なのですが・・・。圧送交換完了直後のATF温度は80℃前後まで上昇しており、温度が下がるまで放置しておかないといけないわけです。冬場はまだいいのですが、夏場になるとなかなか下がってくれなくて困ることも。ちなみに今回はというと、14時に圧送交換が完了して調整可能な温度まで下がったのは17時過ぎ。3時間ほどかかってしまいました。全工程の中でもっとも時間がかかる工程だったりします。

最終調整

 最終調整

調整に適正な温度になったら、エンジンを始動してP-R-N-D-Lとシフトを入れ替えて、ミッション内部のATFを循環させます。その後に調整用のプラグを抜くと余分なATFが抜けて調整完了となります。追加依頼のエンジンオイルとデフオイルの交換作業を行ってすべての工程が完了となりました!

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●オイルパン脱着洗浄
●アイシンAFWプラス(洗浄用)10L
●WAKO’S ATF プレミアムスペック(充填用)10L
●エンジンオイル WAKO’SプロステージS 5.4L
●デフオイル交換 1.6L

今回の作業料金の合計は78,500円でした。
※車種、オイル使用料、オイル銘柄により料金は大きく変化します。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!