鹿屋市 トルコン太郎 サンバーディアス ロータスクラブ 増満自動車

画像
トルコン太郎 サンバーディアス

title

サンバーディアス TW2 ATF圧送交換 トルコン太郎 WAKO'S ATF P-S

ホームページをご覧頂き、隣県の宮崎県都城市より遠路はるばるお越しいただきました。
譲り受けて1年目のサンバーディアスTW2なのですが、ATF交換歴が不明とのこと。ちなみに走行距離は13万キロほど。通常であればATF交換は断られる走行距離ですが、走行チェックとATF抜き取り診断の結果は・・・交換OK!
過走行車の場合は、基本的にオイルパンの脱着洗浄とストレーナー交換をおすすめします。ただこのミッションはストレーナー単体での部品設定が無いので、ストレーナーは洗浄して再利用となりました。

この部品がストレーナーです。オイルパン内部のATFはここから吸い込まれて各油圧装置に送り込まれていきます。
ストレーナー内部にはフィルターがあり、ATFと一緒に循環している大きなゴミを回収します。
たとえばフィルターが無かったら、ゴミが油圧装置内部に入り込み不具合の原因になってしまうんですね。

洗浄前のオイルパン内部はこんな状況でした。ヘドロ状のスラッジが一面に広がっています。中央部のマグネットには金属片がたっぷりと吸着しています。綺麗に洗浄してしまいましょう!

これは、ATFのドレンボルトです。この位置だと、たとえドレンボルトを抜いたとしても・・・

綺麗になったオイルパンに液体パッキンを塗りつけます。マグネットに吸着された鉄粉も除去しました。
洗浄したストレーナーを取り付けて、もとどおりに組み付けていきます。

ATFはこんな状態でした。13万キロ未交換で間違いないでしょう。


サンバーディアスTW2のATFの規定量は4.2Lです。

今回は・・・

アイシン製ATF AFW+ 4.2L

WAKO'S ATF P-S(プレミアムスペック) 4.2L

の組み合わせで圧送交換を施工します。

交換中の写真を撮り忘れてしまいました・・・。これは交換前のATFです。かなり「どす黒い」色をしていますね。

交換の工程は、

①まずはアイシン製ATF AFW+を規定量の4.2Lを一気に圧送交換

②トルコン太郎の特徴でもある30分強の循環クリーニングを行い、ATF内部に浮遊するスラッジ等を除去します。

③本命オイルであるWAKO'S ATF プレミアムスペックをセットし、規定量の4.2Lを一気に圧送交換

④もう一度、クリーニングモードでATF内のスラッジを除去します。

⑤あとは、油量の調整と走行チェックを行ない、異常がなければ完了となります!

最後に同時に受注頂いた「エアコンリフレッシュ」と「ワコーズ パワーエアコンプラス」を施工して完了です!

リフレッシュ整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!