鹿屋市 【キャンピングカー使用事例】2泊2日でハウステンボス旅行 増満自動車

画像
【キャンピングカー使用事例】2泊2日でハウステンボス旅行

title

2泊2日ハウステンボス旅行

出発1日目

 出発1日目

家族3人、2泊2日でハウステンボスのイルミネーションを見に行ってきましたのでご紹介致します。

着替えや寝袋などの荷物を積み込み21時に自宅を出発。


途中休憩を挟みながら福岡県の基山SAまで移動し、仮眠をして朝を迎えました。

朝ごはんをサービスエリア内のロッテリアでゆっくりと済ませ、まずは最初の目的地である「コストコ」に向かおうと思います。

コストコ久山店に到着

 コストコ久山店に到着

午前10時にコストコ久山店に到着。

店内は食べ物はもちろん、衣料品、家電、家具などいろいろなものが所狭しと並べられています。

天井広くて、敷地広くて、商品サイズが日本ではちょっと考えられない大きさ。

この雰囲気を味わうだけでも、新鮮で楽しかったですよ。


買い物を楽しんだあとは、キャンピングカーの中でまったり休憩タイム。

この日は快晴で4月にしては汗ばむ程の気温でしたが、装備されている家庭用エアコンのお陰で車内は快適です。

太陽光パネルが効率よく発電しているようで、サブバッテリーの減り具合も緩やかですね。

1時間半ほどエアコンを入れていましたが、サブバッテリー容量は余裕です。

昼食をコストコの向かい側のフードコートで済ませハウステンボスのある長崎へと向かいます。

うずしお温泉 家族の湯

 うずしお温泉 家族の湯

ハウステンボスに向かう前に、事前にリサーチ済みの家族湯「うずしお温泉」に向かいます。

ハウステンボスまで車で10分ほどの「ザ パラダイスガーデン サセボ」内にある温泉施設で、大浴場「美人の湯」のほか、8室の貸切内風呂「家族の湯」があります。

100%の天然温泉らしくお肌もしっとりすべすべ、湯上りはさっぱりとしています。

気分転換にもなり、心も体もリフレッシュ出来ました。

奥様の機嫌も上々。

ハウステンボスに到着

 ハウステンボスに到着

ハウステンボスに到着したのは17時半頃、2時間ほど滞在してイルミネーションを堪能したいと思います。

注意しないといけないのが駐車場。

キャンピングカーは大型・中型の駐車場に停めるようになっており、一般車駐車場とは別の場所となります。

キャンピングカー用の案内板もありますから、その通りに進んでいけば問題ありません。

駐車券と車検証をインフォメーションに持っていけば、1,000円の割引をしてくれますので駐車料金は実質1,500円です。

イルミネーションを堪能

 イルミネーションを堪能

たった2時間ではありましたが、世界最大1,300万球のイルミネーションをたっぷりと堪能することができました。

20時半までハウステンボスに滞在し、2泊目の宿泊地である「RVパークそのぎの荘」に移動開始です。

RVパークそのぎの荘で宿泊

 RVパークそのぎの荘で宿泊

15分ほどで「道の駅そのぎに荘」に併設された「RVパークそのぎの荘」に到着、道路向かい側にある東彼杵町役場にて受付を行います。

受付後は、ハウステンボスで入手したお酒や食料をテーブルに広げて晩御飯です。

RVパークは100V電源が使用可能なので、エアコン、電子レンジ、テレビなどをバッテリーの残量を気にすることなく使用できます。

目の前に「清潔」で「夜間でも明るい」公衆トイレがあるので安心です。

コンビニがすぐ近くにあるので、ちょっとした買出しも歩いていけますよ。

ベッドに寝袋と枕をセットすれば、快適な就寝スペースの完成です。

おやすみなさい。。。

【RVパークとは】
キャンピングカーオーナーや車中泊ファンの方々に、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムで下記の条件を満たし、日本RV協会が認定したものです。

①ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能
②24時間利用が可能なトイレ100V電源が使用可能
③入浴施設が近隣にあることが望ましい
④ゴミ処理が可能
⑤入退場制限が緩やか 予約が必須ではないこと

RVパークそのぎの荘で朝食

 RVパークそのぎの荘で朝食

おはようございます!

6時半には起床、7時にオープンする道の駅そのぎの荘で朝食を入手。

しばしまったりとした時間を過ごします。

受付時にもらったゴミ袋数枚にゴミを分別し、専用のゴミ箱に入れて適正に処理をしてもらいます。

車内で着替えを済ませキャンピングカー内の整理整頓を終えたら、次の目的地である鳥栖アウトレットモールに出発です。


鳥栖アウトレットモールに到着

 鳥栖アウトレットモールに到着

10時頃には佐賀県の鳥栖アウトレットモールに到着、ウィンドウショッピングを楽しみました。 

昼時の混雑を避けるために少し早めの昼食をフードコートで済ませ、鹿児島県への帰路へつきます。

広川サービスエリアで給油&休憩

 広川サービスエリアで給油&休憩

途中、給油を兼ねてしばしの休憩です。

奥様はお土産を買いに店内へ、私はバンクベッドに寝袋を広げて息子とゴロゴロタイム。

1時間ほど休憩し、鹿児島へと帰りました。


【2泊2日の日程を終えて】
●通常、前泊移動を行うと体への負担が大きいものですが、キャンピングカー内で足を伸ばしてしっかりと睡眠や休憩を取る事ができるので心身ともに疲れが少なくて済みます。
●2泊2日の日程でハウステンボスでしっかりと遊ぶためには寄り道せずに直行するか日数を増やしたほうが良いかもしれません。私たちは夜のイルミネーションをメインで考えていたのでこの工程でよかったのですが、アトラクションなどを楽しむには時間が足りませんね。
●キャンピングカーでの宿泊はRVパークがおすすめ。やはり100V電源が使えるのは大きいです、今回の旅のように涼しい時期はいいのですが、家庭用エアコンを電池を気にせず使用できるので真夏の熱中夜でも快適に就寝することが出来そうです。
●すべての宿泊をキャンピングカー内で済ませているので、ホテルや旅館などの宿泊費が不要です。なので意外とリーズナブルに旅ができるんです。人数が増えるとより効果的ですよ。
●ただ、キャンピングカーは旅の費用を安価にすませるためのツールではありません。旅の自由度が広がりますし、なによりも楽しい思い出作りができる「最高のツール」だと思います。

【キャンピングカー旅のコツ】
●高地でキャンプや車中泊をすれば、真夏でもエアコンは不要です。むしろ肌寒く感じるくらいだと思います。季節に応じた車中泊場所を選択すれば電源にしばられた移動をしなくて済みますよ。
●RVパークや道の駅には独自のルールがある場合があります。ルールに乗っ取って他のお客様に迷惑をかけないようにマナーを守りましょう。
●1日に走行する距離は300km以内にとどめましょう。次の日に疲労が残りますし移動だけで1日が終わってしまいますよ。

【キャンピングカーの大きさ】
注意すべきは高さです。駐車場のゲートや道沿いの立木などには十分にご注意ください。ただ、一般の駐車場の枠内に収まるサイズですし意外と小回りも効きます。佐川急便やクロネコなどのトラックが入れる場所には入れると思って頂ければいいと思います。

2泊2日の総走行距離 870km

宿泊代 2,000円(RVパークそのぎの荘)
高速代 14,880円(ETC通常料金で計算)
消費燃料 97L


レンタル料金
1日目 8,500円(16時以降レンタルのハーフ料金)
2日目 17,000円
3日目 17,000円
合計 42,500円(税別)
※「免責解除」や「ダブル免責解除」をご希望の場合は別途料金が必要となります。

キャンピングカーのレンタル詳細はコチラから

キャンピングカーレンタルの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!