鹿屋市 【キャンピングカー使用事例】阿蘇散策と熊本城主になる旅 増満自動車

画像
【キャンピングカー使用事例】阿蘇散策と熊本城主になる旅

title

復興支援!熊本城主になる旅 2泊2日

宮原サービスエリアで車中泊

 宮原サービスエリアで車中泊

修復に20年かかると言われている熊本城の復興支援の旅に行ってきましたので紹介します。

着替えや寝袋などの荷物を積み込み20時頃自宅を出発。
2時間半ほどで熊本県の宮原サービスエリアに到着しました。初日はここで車中泊をして明日からの旅に備えます。夜のうちに移動することで翌日からの時間を有効に活用できるんです。夜間の高速道路は交通量が少ないので運転も楽だったりします。

さっそくですが、おやすみなさい・・・

阿蘇を散策

 阿蘇を散策

おはようございます!

起床後、サービスエリア内のフードコートで朝食を済ませ、今回の旅のもう一つの目的地である阿蘇へ向かいます。宮原SAで前泊したおかげで9時頃には阿蘇に到着できました。

●杉養蜂園
●阿蘇ファームランド
●カドリードミニオン

などの観光施設を巡りましたよ。

阿蘇山火口

 阿蘇山火口

火口から半径1キロ以内の入山規制が今年の2月に解除されたばかりの阿蘇山へ向かいました。料金所で800円を支払えば火口付近まで車で移動することができます。

道の駅阿蘇で車中泊

 道の駅阿蘇で車中泊

2泊目は「道の駅阿蘇」で車中泊します。すでに2台のキャブコンタイプのキャンピングカーが停泊していました。ここ「道の駅阿蘇」は夜間の電源と24時間使用できる炊事場を「無料」で提供してくれる日本でも珍しい道の駅なんです。駐車スペースの目の前に明るく清潔な公衆トイレがあるので女性でも安心です。ただし、RVパークのように駐車スペースの予約などは受け付けていないので、週末や行楽シーズンなどは利用者がいっぱいで使用できない可能性があることも想定していたほうがいいと思います。

道の駅阿蘇←詳しくはHPで確認して下さい。

付近には「RVパーク阿蘇内牧」もあるので、確実に電源の確保をしたい場合はこちらを選んだ方が良いかもしれません。

阿蘇坊中温泉 夢の湯

 阿蘇坊中温泉 夢の湯

旅といえば温泉!すでにリサーチ済みの温泉「阿蘇坊中温泉 夢の湯」に向かおうと思います。道の駅阿蘇から歩いてすぐのところにあるのでアクセスは良好。途中、噴水やイルミネーションなどもあるのでお散歩気分で気軽に迎えますよ。夢の湯に到着すると、施設破損のため大浴場はしばらくの間閉鎖中とのことでビックリ!ただ貸切風呂はOKでしたので、今回はこちらの貸切風呂で旅の疲れを癒したいと思います。

快適な車中泊

 快適な車中泊

温泉でさっぱりした後は、キャンピングカーに戻り晩御飯。観光地で入手したご当地食材やコンビニで買ったおつまみなど簡単に済ませます。電子レンジが使用できるので、あったかい食べ物が食べれるのがGOOD。車内は家庭用エアコンで快適な温度に調整されているので実に快適です。晩御飯を食べ終わったらアマゾンプライムで映画を1本見て時間を潰しました。22時頃トイレに行くために車外にでると、すこし気温が下がってきていました。エアコンを切り、ベッド付近の窓を少しあけて換気扇を回します。外の涼しい風が車内に入ってきてこれもなかなか快適。やはり自然の風は気持ちがいいですね。カエルや鈴虫の鳴き声が心地よく響きます。

それではおやすみなさい・・・

朝風呂は湯巡追莊(ゆめおいそう)

 朝風呂は湯巡追莊(ゆめおいそう)

おはようございます!

7時半に起床し、身支度を整え8時過ぎには道の駅阿蘇を出発。夜のうちに検索して探しておいた温泉「湯巡追莊(ゆめおいそう)」へ向かいます。出発から15分ほどで到着。こちらも道の駅阿蘇からのアクセスは良好です。施設の雰囲気も良好で、温泉成分の沈殿物がフワフワ浮遊するお湯に浸かり心も体もリフレッシュ!朝から贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

この温泉、また来よう・・・

大観峰~ミルクロード

 大観峰~ミルクロード

阿蘇に来たなら大観峰へ行かねばなりません!ということで湯巡追莊(ゆめおいそう)から30分ほど走り大観峰へ。途中、急な坂道が続きますが「強力なディーゼルエンジン」のおかげでストレスなくグイグイと坂道を上ります。大観峰から見えるのは厚い雲や霧で覆われた阿蘇。あいにくの天候ではありましたが、これも阿蘇の風景の1つ。しっかりと堪能しましたよ。

大観峰を後にしてミルクロードを通り熊本城のある熊本市へ向かいます。移動中はずっと土砂降り状態。ミルクロードの風景を写真に収めることが出来ませんでした。

残念!

熊本城に到着

 熊本城に到着

途中休憩を挟みながら、2時間ほどで熊本城に到着。さっきまでの雨がうそのように上がりました。

※熊本城には何か所も駐車場があるのですが、入場ゲートの高さ制限や広さの関係からか駐車場係のおじさん方に「たらい回し」にあってしまいました。背の高いキャンピングカーは何も考えずに「2の丸駐車場」を目指して下さいね。

無事「2の丸駐車場」に到着しました。駐車場から足場やクレーンに囲まれた天守閣が見えます。
復興中の城内に入ることはかないませんでしたが、外からでも地震による損壊は確認可能です。完全復興には20年の歳月が必要とのこと・・・これから数年おきに訪れて熊本城の復興を見ていきたいと思います。城彩園内の施設で「熊本城復興城主」になれるとのことでしたので徒歩で移動、5分もあれば到着します。

「城彩園」へは「2の丸駐車場」からシャトルバスも出ているようですよ。

【城彩園】
熊本城のふもとにある、熊本の歴史と食文化を体験できる施設です。お食事お土産処「桜の小路」には、熊本県内のグルメと特産品がそろっています。

【熊本城復興城主】
↑詳しくはこちら

旅の目的達成!

 旅の目的達成!

今回の旅の目的である、【熊本城復興城主】になることができました。夫婦二人分、2口で2万円でしたが、ぜひ熊本城の復興に役立てて頂きたい!この城主手形は1年間、熊本市が管理する施設に無料で入園できるみたいなので近々また来たいと思います。

13時半に熊本城を後にし16時半には鹿児島に到着。これで2泊2日の「復興支援!熊本城主になる旅」は無事終了しました。



【2泊2日の日程を終えて】
●目的地付近で前泊することで朝から効率よく遊ぶことが出来ました、キャンピングカーなら車中泊も苦になりません。むしろ非日常を味わえ楽しくもあるでしょう。デメリットといえば子供が興奮してなかなか寝てくれなことでしょうか(笑)
●道の駅阿蘇は夜間の100V電源が無料で利用できる全国でも珍しい施設です。ただし、事前に駐車スペースの予約ができるわけではないので、利用者が多い場合は電源の利用ができない可能性があります。確実に電源の確保をしたい場合は「RVパーク」「車泊(くるまはく)施設」がおすすめです。


【キャンピングカー旅のコツ】
●阿蘇の高地でキャンプや車中泊をすれば、真夏でもエアコンは不要です。むしろ肌寒く感じるくらいだと思います。季節に応じた車中泊場所を選択すれば電源にしばられた移動をしなくて済みますよ。
●RVパークや道の駅には独自のルールがある場合があります。ルールに乗っ取って他のお客様に迷惑をかけないようにマナーを守りましょう。
●1日に走行する距離は300km以内にとどめましょう。次の日に疲労が残りますし移動だけで1日が終わってしまいますよ。

【キャンピングカーの大きさ】
注意すべきは高さです。駐車場のゲートや道沿いの立木などには十分にご注意ください。ただ、一般の駐車場の枠内に収まるサイズですし意外と小回りも効きます。佐川急便やクロネコなどのトラックが入れる場所には入れると思って頂ければいいと思います。

2泊2日の総走行距離 600km

宿泊代  0円
高速代 6,110円(往復)

消費燃料 約70L

レンタル料金
1日目(金) 8,500円(16時以降レンタルのハーフ料金)
2日目(土) 22,000円
3日目(日) 22,000円
合計 52,500円(税別)
※「免責解除」や「ダブル免責解除」をご希望の場合は別途料金が必要となります。


キャンピングカーのレンタル詳細はコチラから

キャンピングカーレンタルの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!