鹿屋市 キャンピングカー使用事例|福岡のアンパンマンミュージアムに行こう! 増満自動車

画像
キャンピングカー使用事例|福岡のアンパンマンミュージアムに行こう!

キャンピングカー使用事例|福岡のアンパンマンミュージアムに行こう!

福岡の「アンパンマンこどもミュージアム」にキャンピングカーで行ってみましたので紹介させて頂きます。
午前中に鹿屋市を出発して高速道路で福岡へ向かいます。途中PAでの休憩を多めに挟みながら、福岡市に到着したのは16時過ぎ。宿泊予定のRVパークに向かう前に家族湯のある温泉筑紫野 天拝の郷に向かいます。筑紫野ICで降りて15分ほどの距離でしたよ。想像していたよりも大きな温泉施設で、館内にはお食事処も併設されていました。駐車場が広いのでキャンピングカーでも不安なく駐車できそうです。肝心の温泉施設はというと、きれいで充実した設備で家族連れでの利用でも安心して利用できました。ゆっくりと羽を伸ばして長距離移動の疲れをリセットしたのち「RVパークsmart博多」へと向かいます。

すっかり暗くなった20時頃にRVパークsmart博多に到着しました。従来のRVパークであればチェックイン時間を過ぎてしまっているのですが…RVパークsmartなら大丈夫!事前にWEB予約で入手したQRコードを無人受付の機械にかざすだけでチェックインが出来ちゃいます。このシステム、車旅との相性がとてもいいんですよね。宿泊施設のチェックイン時間から解放されることで「時間に縛られない自由な旅の工程を組むことができる」のがメリットです。

機械での無人受付をすませると100Vの電源を利用できるようになり、キャンピングカーに電力を供給できます。これでバッテリー残量の心配をすることなく電化製品を利用することができようになりました。季節は初夏7月前半でしたので、家庭用エアコンを稼働させて快適に車中泊することが出来そうです。

夕ご飯を今から準備すると遅くなってしまうので、近くのコンビニで調達しようと考えていましたが、10分ほど歩いた先に「すき家」があったので散歩がてらテイクアウトしてきました。

ご飯を食べて、家族でゴロゴロしたりテレビを見たり、携帯ゲーム機で子供と遊んだりしながら時間が過ぎていきます。夜もふけてきたので明日に備えて…おやすみなさーい

RVパークsmart博多周辺について

 RVパークsmart博多周辺について

RVパークsmart博多の周りには、すぐ近くに「セブンイレブン」「ピザ屋」「丸亀正麺」「ドラッグストア」「銭湯」などがあり、食事や急な買い出しが必要な場合も非常に便利。博多観光の拠点として活躍しそうなRVパークです。

アンパンマンこどもミュージアムまでの移動

 アンパンマンこどもミュージアムまでの移動

おはようございます!本日はアンパンマンこどもミュージアムに向けて朝から活動開始です。16時までRVパークを利用できるのでキャンピングカーはRVパークでそのままお留守番してもらい、徒歩で博多駅まで向かいました。大人の足で20分、小さい子供がいると30分ほどかかると思います。私たちは、まだ歩けない0歳児を抱えながらの移動でしたので博多駅に着く頃にはヘトヘトになってしまいました。帰りは迷わずタクシーを利用しましたよ(笑)タクシーなら1メーターで5~6分程度、クーラーの効いた車内で家族4人快適に移動できました。ありがとうタクシー!

さて、博多駅についたら地下鉄に乗って「中洲川端」を目指します。「博多」→「祇園」→「中洲川端」とたったの2駅。しかも駅を出たら、目の前が「アンパンマンこどもミュージアム」です!

あとは思いっきり遊ぶだけ!お昼ご飯も施設内で食べて14時頃まで堪能しました。キャンピングカーが待つ「RVパークsmart博多」には15時前に到着。16時前まで博多を後にしました。

さて、鹿児島を起点とした福岡への移動手段は色々あると思います。「自家用車」「新幹線」「高速バス」など、家族で行くとなると移動費などの面から「自家用車」が有力ですよね。そこで問題になるのが、移動時間。片道4時間は必要なので往復で8時間…。遊ぶ時間が限られるし、ドライバーのお父さんがぐったりになったりといろいろ大変(笑)じゃあ宿泊しようか!となると家族全員分の費用負担が重くのしかかる。最も安く抑える方法は、自家用車で前日の夜に移動を開始してSAなどで車中泊、朝から遊ぶプランでしょうか。ただし、所有している自家用車が家族みんな車中泊できる車両かどうかという問題が出てきます。移動はどんな方法でもいいと思いますし、まちがいなくそのどれもが良い思い出になると思います。結局何が言いたいかというと、その中の選択肢に「キャンピングカー」も入れてみたら楽しそうじゃないですか?ということです。子供達にとって(大人もですが)キャンピングカーはワクワクするもの。乗り込んだ瞬間から「遊び」になります。移動や宿泊まで遊びに変化するのです。子供たちの一生の思い出になること間違いなし!


【RVパークsmart博多について】←詳しくはこちら

【キャンピングカー旅のコツ】
●RVパークや道の駅には独自のルールがある場合があります。ルールに乗っ取って他のお客様に迷惑をかけないようにマナーを守りましょう。
●1日に走行する距離は300km以内にとどめましょう。次の日に疲労が残りますし移動だけで1日が終わってしまいますよ。

【キャンピングカーの大きさ】
注意すべきは高さです。駐車場のゲートや道沿いの立木などには十分にご注意ください。ただ、一般の駐車場の枠内に収まるサイズですし意外と小回りも効きます。佐川急便やクロネコなどのトラックが入れる場所には入れると思って頂ければいいと思います。



キャンピングカーレンタルの詳細はこちら

キャンピングカーレンタルの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!