鹿屋市 トルコン太郎|動画のある施工事例集① 増満自動車

画像
トルコン太郎|動画のある施工事例集①

ATF圧送交換|動画で見る施工事例集①

 油脂類をフルメンテ!ホンダ バモスHM1

弊社WEBサイトをご覧いただき、鹿児島市からお越し頂きました。ありがとうございます!ホンダバモスで走行距離は52,000kmほど、非常に大事にされていらっしゃるようでボディや内装はピッカピカで手入れが行き届いています。今回の施工内容も「ATF圧送交換」「ミッションパワーシールド添加」「エンジンフラッシング」「ブレーキオイル交換」「冷却水性能改善剤クーラントブースター添加」と油脂類のフルメンテナンスでのご依頼となっております。デファレンシャルオイルの交換もご依頼頂いたのですが、独立したデフを持たないのモデルだったのでATF交換のみでOKでした。ちなみにターボモデルの縦向きエンジンを搭載したモデルはデフが独立しているので別途デフオイル交換が必要です。こちらのバモスはATトランスミッションにオイルパンが無いので、内部のストレーナーやフィルターの交換が出来ない構造となっています。今回はオイルパン内部の洗浄メニューは無い圧送交換のみでの施工となりました。詳しくは動画をご覧ください。
※デスクトップPCで動画を見ると小さくて見ずらいと思います、YouTubeのロゴをクリックすると見やすくなります。


【車両data】
車種 ホンダ バモス

型式 HM1
年式 平成25年
走行 52,000km

備考 ATF交換歴不明

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル アイシンAFW+ 

●WAKO'Sミッションパワーシールド添加
●WAKO'Sクーラントブースター添加
●WAKO'Sエンジンフラッシング
●エンジンオイルWAKO'Sアンチエイジングオイル
●ブレーキオイル交換


今回の作業料金は45,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 過走行のステップワゴン RG1 走行距離116,000kmのATF交換!

宮崎県小林市からご来店頂きました。遠方よりありがとうございます!中古車として購入してまだ1年たっていないホンダのステップワゴンです。お子様の送迎などがあり、しばらくは調子よくがんばってもらいたいのでATFの交換を検討されたようです。ただ、116,000kmほど走行している事もあり過走行車両のATF交換を安心して任せられるところを探していた所、弊社WEBサイトを見つけて頂きご来店頂きました。こちらのATトランスミッションも上記のバモス同様にオイルパンが無い構造ですので、トルコン太郎による圧送交換のみの施工となります。ストレーナー交換はできない(ストレーナーが無い)のですが、外付けのATFフィルターがあるのでソチラを交換したのと、ドレンプラグに鉄粉吸着用の磁石がついているのでそちらを掃除しておきました。最後はミッションパワーシールドを添加して、今後のトラブル予防策とします。下回りチェック中にオイルにじみが気になりましたので、お客様に実際にご覧頂き今後の予防や漏れ点検時のサポートのためにエンジンオイルをWAKO'S製のエンジンオイル「アンチエイジングオイル」へ交換しました。このエンジンオイルは、①リークチェック機能(紫外線を当てるとオイルが光る)②オイルシールの膨潤作用(硬化したオイルシールに柔軟性を取り戻す)③強い油膜など過走行車両に適した性能を有しています。施工前の試運転時にエンジンルームからの「ウィーン、ウィーン」という異音が発生していました。異音のもとをたどると、どうやらパワーステアリングのポンプからのようです。パワステポンプの量が少ないようでしたので、ミッションに添加したWAKO'Sミッションパワーシールドの余りがありましたのでパワステオイルに添加。最後チェックの試運転時にはほぼ聞こえないまでになりました。お客様には経過観測をお願いしてすべての工程が完了となりました。
※デスクトップPCで動画を見ると小さくて見ずらいと思います、YouTubeのロゴをクリックすると見やすくなります。

【車両data】
車種 ホンダ ステップワゴン

型式 RG1
年式 平成21年
走行 116,000km

備考 ATF交換歴不明

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル WAKO'S ATFプレミアムスペック

●ATFフィルター交換
WAKO'Sミッションパワーシールド添加
●エンジンオイルWAKO'Sアンチエイジングオイル

今回の作業料金は51,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 クラウンエステート 走行距離20万kmのATF交換!

弊社WEBサイトをご覧いただき、宮崎県から遠路はるばるご来店頂きました。ありがとうございます!クラウンのエステートモデルですが、最近ではあまりお目にかかれなくなってきましたね。平成12年式で型は古くなってきましたが、メンテナンスをしっかりされていらっしゃるようで、走行20万キロを超えているのですが施工前の試運転での走行フィーリングはとっても良好です。ATFについても定期的に交換をされていらっしゃっるようでした。今回施工にあたり、オイルパン内部をお客様と一緒に確認してみましたがとってもきれいな状態を保っていました。ATFを定期的に交換している車両の好例ではないでしょうか(内部の状態は動画内で確認できます)この状態であれば、この先何年何万キロでも走り続けてくれそうな気がします。
※デスクトップPCで動画を見ると小さくて見ずらいと思います、YouTubeのロゴをクリックすると見やすくなります。

【車両data】
車種 トヨタ クラウン

型式 JZS175
年式 平成12年
走行 85,000km
備考 ATFは定期的に交換

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル 
アイシンAFW+
●オイルパン脱着洗浄
●ストレーナー交換

今回の作業料金は50,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 ゼロクラウンGRS182の健康寿命を伸ばす! 走行距離8万kmのATF交換

宮崎県から遠路はるばるご来店頂きました。こちらのクラウンGRS182は上記クラウンエステートと同一のオーナー様となります。1か月越しで2台目の施工依頼となりました。ありがとうございます!こちらのクラウンは走行距離が8万kmほどなのですが、ATFの交換歴が不明でおそらく未交換ではないかとのこと。実際に抜き取ったATFやオイルパンの内部を確認してみると、やはり未交換のようでした。ただ、施工前の試運転などでも異常は感じられなかったのとオイルパン内部に異常な沈殿物はみられませんでしたのでとくに問題ないようです。今回は最近始めたオイルパンの「マグネット増設」を行いました。マグネットを増設してあげるとATF内を浮遊する鉄粉を吸着する許容量を増やすことができます。何台ものオイルパンを脱着する機会があるわけですが、ほとんどの車両が走行距離にかかわらず目いっぱい鉄粉が吸着していて新たな鉄粉を吸着しづらくなっているからです。そんなに大きな費用はかかりません、少ない予算で大きな対策が可能ですよ。
※デスクトップPCで動画を見ると小さくて見ずらいと思います、YouTubeのロゴをクリックすると見やすくなります。

【車両data】
車種 トヨタ クラウン

型式 GRS182
年式 平成16年
走行 85,000km
備考 ATF交換歴不明

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル 
アイシンAFW+
●オイルパン脱着洗浄
●ストレーナー交換
●マグネット増設
WAKO'Sミッションパワーシールド添加

今回の作業料金は54,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 アリスト JZS160 走行距離14.8万kmのATF交換!

宮崎県より片道2時間以上かけて遠路はるばるご来店頂きました。ありがとうございます!いろいろな部位に手が入れられたアリストです。大事に乗られているのが車からにじみ出ていますね。15万キロ近く走行していますが、試運転での異常は感じられません。オイルパン内部の確認をしてみるとストレーナーに鉄粉だと思われる小さなゴミが引っかかっていましたが心配するほどではありません。キレイに洗浄して組み付けしました。あとはトルコン太郎でミッション内部を圧送循環で洗浄しながら新油に交換します。施工後はキレイなATFが循環するようになりました。
※デスクトップPCで動画を見ると小さくて見ずらいと思います、YouTubeのロゴをクリックすると見やすくなります。

【車両data】
車種 トヨタ アリスト

型式 JZS160
年式 平成14年
走行 148,000km
備考 ATF交換歴不明

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル 
アイシンAFW+
●オイルパン脱着洗浄
●ストレーナー交換
WAKO'Sミッションパワーシールド添加(持込)

今回の作業料金は49,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 ヴェルファイアのCVTFをトルコン太郎で圧送交換

弊社WEBサイトをご覧いただき、霧島市からご来店頂きました。ありがとうございます!まだまだ新しい平成29年式のヴェルファイアです。走行距離が34,000kmと低走行でしたので、オイルパン脱着洗浄は行わず圧送交換のみの施工となっています。過走行車両の場合は、基本的にオイルパン脱着洗浄やストレーナー交換をお勧めしておりますが、今回のように高年式・低走行車両の場合は、オイルパン脱着洗浄を行わなくても大丈夫です。

【車両data】
車種 トヨタ ヴェルファイア

型式 AGH30W
年式 平成29年
走行 34,000km
備考 CVTF交換歴なし

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンCFB+
●充填用オイル 
アイシンCFB+

今回の作業料金は30,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

 ATF交換OK?NG?コンタミチェックで診断!

今回の動画はコンタミチェッカーを使用して過走行車両のATF交換の良否判定を紹介しています。ATF内を浮遊するクラッチのフェーシング量を測定することで、交換後の不具合発生リスクを測ることができます。コンタミチェックに興味がある方は、動画の前半をご覧になってみて下さい。シーマはストレーナーの補修部品設定が無いので、洗浄して再利用しています。

【車両data】

車種 日産シーマ

型式 Y51
年式 平成23年
走行 101,000km
備考 ATF交換歴不明

【作業メニュー】
●トルコン太郎圧送交換
●洗浄用オイル アイシンAFW+
●充填用オイル 
アイシンAFW+
●オイルパン脱着洗浄
●ストレーナー洗浄

今回の作業料金は57,000(参考価格でした
※車種、オイル使用量、オイルの銘柄、施工内容により料金は大きく変化します。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!